+63-(0)-2801-3417

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年11月01日 日常生活

フィリピンの食生活

ナイフとフォークのテーブルセット

概要

1.フィリピンの食文化
2.フィリピンの食事事情

1.フィリピンの食文化

フィリピンでは日本よりもパサツキのあるインディカ米を主食としていて、パティスと呼ばれる魚醤やココナッツミルク、酢やタリマンドと呼ばれる果汁等で味付けをした肉や魚料理が多いことがフィリピン料理の特徴となっています。

周辺国の影響を受けている食文化も多く見られ、一番色濃くフィリピンの食文化に根付いているのは中国とスペインです。ラードやオリーブオイルを使って炒める料理法はスペインからもたらされたものです。純粋なフィリピン料理はあまり種類が無く、様々な国の料理を楽しむことができるのが、フィリピンで食べられる料理の特徴です。

2.フィリピンの食事事情

フィリピンで食事をする際に気をつけるべきことは、出された料理は少し残す、ということです。料理を食べきることはすなわち料理を出した方に対して「料理が足りなかった」と告げているようなものだという考え方が現地にはあるようです。
フィリピンにはカマヤンと呼ばれる手を使って食べ物を食べる習慣があります。レストランにはほとんど手を使う店はありませんが、心配なときは周りのお客さんの様子を見て判断するようにしましょう。また。水道水は飲めませんので、必ずミネラルウォーターを買って飲むようにしましょう。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+63-(0)-2801-3417

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21フィリピンでは日本人のお客様を中心にマニラで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらフィリピン人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。